缶詰分別機

缶詰分別機とは

缶詰分別機とは

缶の分別が効率的に。耐久性に配慮した設計に成っております。

 

導入のメリット

食品工場では多かれ少なかれ製造工程での製造ロス、包装ロス、返品、検体品などが発生します。どの食品工場も発生抑制に努めていますが、それでも少なからずロスが生じます。処分するためにはコストがかかりますが分別することにより、再資源化やコスト圧縮につながります。また、横流し防止対策として商品価値をなくす用途にも使用できます 


分別できるもの

1号缶 固形物食缶 オーバル缶 PETボトル 紙パックの脱液・分別

食品缶詰

分別例 1号缶

飲料缶

can.jpg

 

仕様

製品名   缶詰分別機 
方式    遠心分離 
対象物   飲料缶・食品缶詰・PETボトルなど
分離精度  99.6〜99.9%

納入先   食品工場・再資源化施設・自治体自治体処理施設等
分別後   堆肥化・飼料化・メタンガス化などの再資源化へ
処理能力  お客様に合わせたシステムをご提案致します。詳しくはお問合せください。

 
 

導入事例