お問い合わせ

サウナストーブご利用者の声

モキの薪式サウナストーブが大活躍!

炎の立ち上がりがものすごく速いよね。
毎日使っているけど満足しているよ。
鋳物製のストーブじゃ絶対に真似できないことだよ。

ログハウスメーカー (株)LOGRAF
代表取締役 MATSUDA SHIGENOBU

長野県信濃町在住。ログハウス一筋35年。施主との対話を通じてお客様の理想を形にすることにこだわる。

電気式のサウナストーブは「汗を強制的に出すための機械」といった感じだけど、薪式のサウナストーブは全然違うよ。ストーブ本体から出る輻射熱と自然の空気対流のバランスがちょうど良いんだろうね。人も建物もサウナストーンも同時に暖めてくれる。
薪式サウナストーブと水風呂で「火」と「水」と「木」を感じて欲しい。最高に気持ち良いよね。こればっかりは言葉では言い表せないんだよね。トリップ感覚とでも言うのかな(笑)。

サウナがあると、自然と人がそこに集まってくる。うちの社員や仲間の話し合う共有スペースになっているよ。そこから色々なアイデアが生まれてくることもある。会社の机で考え込んでるだけじゃ良いアイデアなんて出てこないよ。家族や仲間とリラックスしながら本音のコミュニケーションができる場所がサウナだよ。

モキ製作所さんのサウナストーブは、ほとんど毎日使っているけど立ち上がりがものすごく速いのがすごいよね。鋳物製の輸入薪ストーブでは絶対にできないことだよ。
直して欲しい所?今のところ特に無いね(笑)

大工からログハウスメーカーへ

19歳、父親も大工だったことから自然な流れで大工の道に入る。
在来工法の伝統的な工法を得意としていたが、大手ハウスメーカーの台頭により事業に限界を感じる。建物完成時の喜びを手大工として味わいたいという想いから、ログハウスのデ ザイン・設計・施工・保守までを一貫して行うスタイルへと変更。30歳を機に長野県信濃町に移住。以来30年以上ログハウス一筋。

2020 年 8 月に取材。

BACK
ページ先頭へ

お気軽にお問い合わせください。